生まれ変わった企画~緑区北八朔PJ

「宅地が道路から低いところにある」土地の事を不動産業界では「道下物件」という呼び方をします。そんな土地、この横浜にはいくらでもあるから驚くほどの事じゃないないと思っていたら、どうやら東京の業者さんには通じないらしい(-_-;)

そう、これは横浜独特の不動産の在り方なんです。

その落差が1m前後ならともかく、3m以上低いところにあると、一般のお客さんでは現地を見てもイメージすら出来ないでしょう。でもよくよく見ると、結構あるんです。そういう特徴を持った場所。

でも大抵は、その時の特徴を上手く使えていない。悪い癖がそのまま悪いクセのまま残っています。

そんな癖を逆に利用して、こういう場所でしか創る事の出来ない「暮らしのカタチ」を創ってみました。

それが緑区北八朔。JR横浜線「中山」駅から徒歩15分表示の場所

現地に行って見ると、潔いいほど低いところに土地があります。

その差、約3m~4m。このクセをいい面に変えていきたい。  そう思って今までプランニングしていました。

この土地には既に建築確認を取得したプランもあります。だから建売住宅でも発信しています。だけど、お客さんがついてから建てる注文住宅の流れにするから、いっそのこともう一つプランを創ろうと、今回の流れになりました。

そうして創ったのが「アウトドアリビング」の暮らし。

道路から下にある敷地なので、愛犬が庭先から外に出る事はありません。まるで自分の庭先にドッグランがあるのと同じです。

ダイニングに繋がったテラスは、第2のリビング。アウトドアリビングの名称が流行っているみたいですが、まさにその空気を作る事が出来る場所です。

そして「リビングを見下ろす玄関ホールのあるおうち」

3m~4mというと、一般的な木造住宅ならちょうど1階分の高さ。…という事は2階玄関を創ればいい。

そして、何も建っていないこの土地を見下ろす角度と同じようなアングルで、同じような視野で、同じような高さを持ったリビングを創れば、何もない敷地を見ても、そこでの暮らしがイメージ出来るでしょ?

そう、どこにもない、この土地だけのスペシャルな住空間です。

こうして外からの視線をそれほど気にすることなく楽しめるアウトドアリビングの暮らしのPlanが出来上がりました。

これだけ全て創りあげて、総額3500万を切るところでご提案で来ます。

興味のある方は、この生まれ変わった企画にお問合せください。

詳しくは、この「土地専門店」不動産サイトをご覧ください。

SUUMOには依然と同様「新築戸建て3880万」が掲載されています。お問合せ頂いたお客さんのご都合、家族構成、ご予算、全てを加味して、一番いい選択を一緒に考えましょう!

by Santa