購入・売却物件の調査 奥が深い物件調査。そもそも何を目的として調査をするのか?

売却相談を受けている土地と契約予定の土地の物件調査に行ってきました。

売主さんは今までずーっと住んでいて特に問題も発生していない事が多いため、あまり気にしていない・気づいていない事が多いものです。

でも、買主さんにとっては知らずに買って後から問題になることがないよう、役所を廻ってインフラや道路、建物等台帳や法務局で登記事項証明・測量図・公図など一通りの資料を集めたり担当者から聞き取り調査をします。

ここから資料を精査して内容を解読し、現況と相違がないか、気がつかなかった問題点はないかを読み解き、必要があれば再度現地に赴いたり役所の担当者と折衝したりして、ようやく物件について理解ができる状態です。

今回もインフラで隣地を経由して引込んでいたり(覚え書きか引込し直しが必要になります)、共同利用している給水管があったり(建替えた場合、能力が下がり引込し直さなければならない事もあります)道路や土地境界の問題が見えたりと・・・

何度か所有者が変わったり相続があったりすると所有者も知らない事が浮き彫りになったりします。

説明して双方納得の上で売買すれば済む内容もあれば、事前に問題を解消しておかないと申込みがあっても契約ができなかったりする内容もあるのです。

これを理解していないと後々買主さんや近隣所有者とトラブルに発展したり費用負担が発生する事もありますし、買主さんにとっては知っていたら買わなかったとか、予定している建物が建たなかったり、コストが掛かりすぎて資金計画がショートしたりする事もあります。

だから書類を揃えるだけでは調査になりません。購入・売却の目的やお気持ちやお考えに見合わない取引にならないような個別のリスクの調査とご説明が必要なんです。

自分が依頼を受けた内容が売却でも購入でも、売主さん、買主さん、仲介業者さんなど、その取引に関わるすべての人が納得して安心できる取引をできるように準備する事が宅地建物取引士の責務だと考えています。

ここからやっと価格の査定や販売計画のお話しが具体的に始められます。購入の場合は最終的な購入判断や建築見積りができる状態です。

皆様も早めの準備で安心のお取引を m(__)m