大倉山注文住宅 ウレタン吹付断熱完了 断熱材って結構重要ですよ。

おいしいおうちの注文住宅プロジェクト「大倉山」の断熱材は発泡ウレタンを室内の天井裏・壁内に吹付る工法で施工しています。

触った感じはサクサクとした発泡スチロールのような感じ。

これを壁の内部に隙間なく吹き付けています。

 

天井裏もこんな感じに・・・

家を建てる時、外観や設備など「仕様」に目が行きやすいしお金を掛けてしまうところではありますが、目に見えるモノではないけれど断熱材など「性能」が高い家は快適に過ごせるためおすすめです。

今日もかなり暑かったけど、この建物は建築途中の「ムワッ」とした感じではなく、他の断熱材との違いを改めて感じました。

 

この住宅は吹抜や・・・

ロフトもあったり・・・

このような広い空間がある住宅では、ウレタン吹付断熱をすることで冷暖房の効率も良くなるので「夏涼しく冬暖かい」住まいになると思います。

陽当りが厳しそうでも、周囲を建物に囲まれていても、土地だけ見ても良し悪しの判断は付きませんが、「土地のクセ」を考慮して間取りや仕様を「設計」する注文住宅なら「アバタもエクボ」にできるかも知れません。

現在も横浜・川崎エリアで「土地探しから始める注文住宅」のお客様のために1,000~2,000万円台で土地を探し、総額4,000万円台で注文住宅のご依頼が数件あります。

これ位だと建売住宅と変わらない予算で家づくりがイメージできるのではないでしょうか?

現在売出中の土地の中にはクセはあるけど面白いプランができそうな土地も結構あります。

土地探し・家づくりを始める・困っているなど、お気軽にご相談下さい。